Sean's Blogへようこそ

ボランティアとして大学のキャリア教育に参加しながら、NPO支援、経営支援及び転職紹介のコンサルティングを行っています。これらの体験を通して大学生諸君へのヒントを与えられればとブログをスタートしました。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生諸君へのキーワード

「エレベーターピッチ(Elevator Pitch)」

エレベーターで会った投資候補者等(仕事の顧客・上司など)に、エレベーターを降りるまでの数秒~数十秒で自分のアイデアを的確に説明して相手に興味を持ってもらうこと。事業に必要な資金を得るために十分な準備をして仕掛けて行なう。説得する話術が必要。これを達成するコツは、(1)書くこと、(2)他人に言うこと、(3)スケジューリング(目標マネジメント)すること。

「バッターボックスに立つ」(東京大教授 北岡伸一氏の言葉)

“バッターボックスに立って、凡打や三振を繰り返して人は成長するのだと思う。常に質問や疑問に答える用意が必要。答えが正しいかどうかはさほど重要ではない。その問題を考えるための基礎的な知識をきちんと身につけていて、それを使いこなせるかどうかが、重要なのだ。大体、自分が責任者だと思って考えなければ、真剣にならないものだ。どうせ誰かが決めてくれるだろうという態度では、進歩はない。”

「半学半教」(福沢諭吉先生)

教える者と学ぶ者の分を定めず、相互に教え合い学び合う仕組みを言います。自分で学んだことを人に教えることで学んだことが深まり、更に自分の成長に繋がる。慶應義塾では、教員と塾生の別なく、先輩と後輩の別なく、率直に学び合い、自由闊達に意見を述べ合う気風が尊重されています。
ご訪問を多謝!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。